Let's go slow

釣りや旅行が大好き。ゆっくりのんびりほんわかが理想なのにいつまでも色々と追われる日々。でもいつか・・・。

日本三大・・・

日本三大神宮の一つ

 

ずっと行ってみたかった熱田神宮に行ってきました

 

熱田神宮とは。。。HPより抜粋

創建は景行天皇43年(113年)。

本宮は平成25年に修繕を終え、あたらしい社殿が完成 西暦113年、

ヤマトタケルノミコトは、お妃のミヤスヒメノミコトの手許に、

草薙神剣を置いたまま亡くなられ、 ミヤスヒメノミコトがその後、

この熱田の杜に神剣を祀られたのが、この熱田神宮に始まりだとされています

約6万坪(約19万平方メートル)の境内は、

樹齢千年を超えるという楠が生い茂っている

拝殿の奥に見える社殿が本殿で、ここにご祭神である熱田大神が鎮まっています。

熱田大神は、三種の神器の1つ・草薙神剣を神体とする天照大神とされています。

草薙神剣とは八岐大蛇の尾から出てきた太刀で、正式名称は天叢雲剣といいます。

皇位継承の印である三種の神器のひとつとして日本武尊に授けられました。

あの織田信長桶狭間の戦いの前に必勝祈願に訪れてから出陣したとされ、

勝利のお礼に「信長塀」を寄進したというエピソードが残されています。

広大な敷地の中に、現在もその「信長塀」はあり、

歴史を感じさせる格式の高い神社です。

土と石灰を油で練り固め、瓦を厚く積み重ねて造られており、

当時は全長400メートルほどあったそうです。

現存しているのは120メートルほどで、西宮神社の大練塀、

三十三間堂の太閤塀、 とともに日本三大土塀として有名です。

昭和20年までは、この「信長塀」は国宝の海上門とつながっていましたが、

海上門は戦争で焼失し、 信長塀だけが残りました。

熱田神宮は戦争によって、海上門と鎮皇門、2つの国宝を失ってしまいましたが、

「信長塀」は幸いにも焼失から免れました。

歴史を物語る、大変貴重な「信長塀」は一見の価値がある遺産です。

正門、東門、西門と3つの入り口がありますが、

どの入り口から入っても中央にある手水舎に出ます。

 

 

都会のど真ん中にありますが無料駐車場もありましたよ。

 

20170306164039051.jpg

 

 

境内の中を歩きます。

 

 

20170306164106367.jpg

 

 

20170312164450604.jpg

 

 

奥にみえるのが熱田神宮本宮

 

 

20170306164132658.jpg

 

 

立派なくすの木

 

 

 

20170306164155238.jpg

 

 

 

神楽殿

 

 

20170306164236618.jpg

 

 

 

20170306164304591.jpg

 

 

現存する「信長塀」

 

 

 

20170306164332540.jpg

 

 

一般の参拝者は本宮の中には入ることができません なので・・・

 

正直みるところがあまりなく伊勢神宮と全然違うなと・・・

 

一瞬で観光が終わっちゃいました(つД`)ノ

 

あ。境内に「お清水」というのがあって

 

岩に三度水をかけて祈願すると願い事がかなうという場所がありました

 

 

20170312164545842.jpg

 

 

20170312164618354.jpg

 

 

日本三大神宮といえば。。。

 

神宮(皇室とつながりの深い神社)のことを指しますが

伊勢神宮は誰もが認めるものでしょうが・・・

伊勢神宮鹿島神宮香取神宮が三大といわれたり

伊勢神宮熱田神宮明治神宮が三大神宮などなど・・・

まぁ。あまり詳しくない私にはよくわかりませんが。。。

見どころで行くと、伊勢神宮鹿島神宮・・・あとは・・・ ん~~って感じですね。 ちなみに大社(旧社格が主に官幣大社国幣大社の神社)は

出雲大社日吉大社春日大社が三大大社だそうですよ