読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's go slow

釣りや旅行が大好き。ゆっくりのんびりほんわかが理想なのにいつまでも色々と追われる日々。でもいつか・・・。

イタリア ミラノ スフォルツェスコ城

 ミラノ(マルペンサ)に到着して

 

 

バスで 空港をあとにして移動中にイタリアの風景を楽しむ

 

 

 

 

P1030400.jpg

 

 

イタリアの高速道路

 

 

日本の高速道路はイタリアを手本にしているだけあってETCの雰囲気や 合流等、

 

 

よく似てました ただ・・・落書きが多い!!!

 

 

P1030404.jpg

 

 

日本同様高架の下は駐車場になってました

 

 

 

 

 

P1030406.jpg

 

 

イタリアは慢性的な駐車場不足らしく停めれそうなとこはみんな停めてますw

 

 

 

 

 

 

P1030411.jpg

 

 

イタリアらしい風景になってきた

 

 

 

 

P1030416.jpg

 

 

目的地のスフォルツェスコ城へ。

 

城壁だけど今は美術館もかねているそうです。(城内は無料)

 

 

レオナルドダビンチ像がお出迎え

 

 

 

P1030441.jpg

 

 

 

P1030440.jpg

 

 

猫も一休み

 

 

 

 

P1030439.jpg

 

 

 

P1030431.jpg

 

 

 

P1030430.jpg

 

 

 

P1030434.jpg

 

 

P1030435.jpg

 

 

P1030436.jpg

 

 

遠くに門が見えます

 

 

 

 

P1030437.jpg

 

スフォルツェスコ城

 

 

スフォルツェスコ城 - Wikipedia

HPより抜粋

イタリアミラノにある城塞。現在は美術館としても公開されている。1450年ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァヴィスコンティ家居城を改築して建設した城塞。その後、16世紀から17世紀にかけて改装・増築され、ヨーロッパでも有数の規模の城塞となった。1796年この地を征服したナポレオンによって一部の施設が破壊されたが、1891年から1905年にかけて、建築家ルカ・ベルトラミらによって修復された。

もともとは星型の形状の広大な城郭であったが、現存しているのは元々の面積の1/4程度以下であり、残りの敷地は公園や道路となっている。現在、スフォルツェスコ城の内部は市立博物館(スフォルツェスコ城博物館;Pinacoteca del Castello Sforzesco)となっている。内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されている。また、アッセの間の天井と壁には、レオナルド・ダ・ヴィンチが未完成の壁画を残しているが、後年、塗りつぶされている。この壁画については、2013年現在修復作業が続けられている